会長あいさつ

ホームページ開設のご報告

2014年度活動計画でご承認頂いていたホームページが漸く新規開設の運びとなりました。まだコンテンツが不充分で、整備にはまだ時間がかかりますが、インターネットを通じた情報発信の場として今後皆様が関わったスリランカ関連情報や写真等のご提供も募り、様々な切り口でスリランカとの交流をご紹介して参ります。
つきましては、当該ホームページ開設を契機として、会員皆さんとの双方向の情報交換の場に致し度、メールご投稿によるご要望ご提案をお待ちしておりますので、
http://www.jpn-lanka-society.org
<へアクセスして頂きたくよろしくお願いする次第です。

日本スリランカ友の会
会長 森田 寛


2014年2月 会長挨拶 2014年度運営について
2013年度は新たな運営体制で、事情セミナー、スリランカ・フェスティバルへの出店、年末の集いの他、会報も91号、92号発行ができました。
本年度は広報体制の充実化を図るため、会報93号から編集調整役を横山顧問にお願いした他、インターネットを通じた情報発信の場として公式ホームページの新規開設を事務局で進めておりますので追ってご案内予定です。
さて、治安が回復して4年余り、スリランカはご周知の通り政情の安定とともに、経済も順調に復興しており、日本とのビジネス拡大や、日本人観光客もこの1年で倍増するなど2国間の関係は一層の発展が期待されております。
  去る2月、スリランカ大使館を表敬訪問し、カーラナンゴダ駐日大使、メンディス次席大使と当会の今後の活動につき意見交換を致しました。大使からは、友の会に様々な分野で協力支援を期待している。特に、人的な交流の一層の促進と、そこから具体的な活動につなげて欲しいとのことでした。例えばスリランカの文化芸能団体が来日し、各地で伝統文化やアーティストの紹介などの活動も出てきたが、友の会でも企画運営協力の他、在日スリランカ人による文化・ビジネス団体との交流機会を増やすなど、大使自らも支援するので積極的な情報交換と活動をして欲しいとのこと。
友の会としてもスリランカの発展に即して、従来の活動から幅を拡げ、新たな展開を期待する声も上がっており、大使のご示唆を踏まえ、具体化に向け検討することに致しました。
つきましては、本年度から偶数月に開催する定例会で主要テーマとして幅広い意見アイデアを募りたいと考えております。
会員皆さまには多数のご参加とご協力の程よろしくお願い申し上げます。


2013年2月 会長就任挨拶
この度日本スリランカ友の会の会長に就任いたしました。 藤井俊彦元会長より就任打診がありました際は、急なお話でもあり、諸般の状況からとてもお役に立てる身ではなく、固辞させて頂くつもりでした。 しかし、今年2月に還暦を迎えたこと、子供3人も全員成人し、更に年金機構からは年金を請求できますとの「有り難い通告」も頂きました。勿論まだまだ働かなくてはならない身の上ですが、自身の社会的立場と責任を踏まえ、スリランカとの交流に本格的に関与せよとの諸兄諸姉の声と解釈しお受けした次第です。
さて、紅茶のセイロン程度のイメージしかなかったスリランカと深く関わる契機となったのは、勤務していた貿易商社の現地駐在員としてコロンボに赴任した1979年(当時26歳)に遡ります。 現地では農業、上下水道整備、教育、スポーツ振興、医療等各分野で経済協力プロジェクトに携わり、1992年に帰国するまで、足かけ13年滞在。その間、様々な機会を得てスリランカの主要な地域を巡りご縁が拡がりました。ご周知のとおり1983年7月を境に長閑な生活に暗い影が差し、テロ活動が続き悪化する治安に生活面の制約もありましたが、日本人会の皆さんや現地でご縁を得た人々と助け合いながら過ごした数年が今となっては懐かしく思い起こされます。漸く平和が回復され、復興と発展に向けたこの2?3年の明るい兆しは喜ばしい限りです。ヤシの木を取除くと殆ど日本の農村風景と変わらない同国の風土と、素朴な人柄、逆にワイルドな自然と動植物、輝く目で話す子供たちに理屈抜きに親しみを感じてしまうのは私だけではないでしょう。そのようなスリランカとのご縁を深め、家族共々暮らした同国で生かされた者として何らかの形で恩返しを模索したいと思います。
当会は創立後既に30年が経過し、歴代会長はじめ事務局ご関係者、そして同国にご縁を深められた会員の皆さんが、厳しい状況にある中でも手作りで積み上げて来られた数々の交流の実績には敬意を表するところです。 同国も内戦状態の終結後は、新たな発展に向かいはじめ、経済成長が期待される中、今後両国間のビジネスや民間レベルでの文化交流も活発になることかと推察します。その中で当会会員の総意である「愛すべきスリランカとの友好」を基本に、顧問各位、役員、事務局各位のご協力を得てこれまでの歴史を更に繋げて活動できればと存じます。会員各位にはご指導ご鞭撻をお願いするとともに、当会への積極的なご参加により、新たなスリランカとの出会いや同好のお仲間とのご縁を更に拡げて頂ければ幸いです。

略歴:森田 寛(ひろし) 1953年宮崎生まれ 千葉高、早大法学部卒 1976年東西貿易(株)1995年マイダス・ライフテック(有)代表取締役就任 早大校友会代議員、同23区支部事業委員長